バレー部顧問が部員を靴で殴打

宇都宮の中学校で52歳バレーボール部顧問が部員を靴で殴打 過去にも体罰で懲戒処分

8月10日(金)17時0分 産経新聞

宇都宮市教育委員会は10日、宇都宮市立の中学校で、男子バレーボール部の顧問の男性教諭(52)が、部員の頬を平手でたたくなどの体罰を行っていたと発表した。市教委は懲戒処分に相当するとしている。市教委の発表によると、男性教諭は昨年8月下旬〜今年7月、2、3年の男子部員6人に対し、すねを蹴ったり靴でたたい…

記事全文を読む

「バレーボール」をもっと詳しく

「バレーボール」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 熱血指導の勘違いおっさん、今どき流行らないことはやめろ

  • 体罰を行う監督はきっと精神論者だな!うまくいかないと根性がないで決めつける!挙句殴る、蹴るだ。科学的な指導はできないのか!監督失格だ!!!

  • 中学校のバレーボールくらいでそこまでせなアカンのかい?スポーツを楽しむ事を教えるのが先やろ此のミニ栄、ミニ内田が調子に乗るな

  • 教育指導する資格のない自称教師やコーチがのさばる少年スポーツ界や教育界 アホが試験だけ受けてなれる教師なんざこの程度なんだな

  • これだけ体罰が問題視されてるのに…。自分を抑える事が出来ない人間は指導者になったらダメ。リトル山根かよ。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ