スーホの白い馬 大塚勇三氏死去

「スーホの白い馬」 児童文学者・大塚勇三さん死去

8月21日(火)16時20分 J-CASTニュース

児童文学者の大塚勇三さんが2018年8月18日、肺炎のため死去していたことがわかった。97歳。21日に各メディアが報じた。大塚さんは、モンゴルの民話を基にした代表作「スーホの白い馬」のほか、「長くつ下のピッピ」や「トム・ソーヤーの冒険」など海外文学の翻訳も手掛けた。 

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 後もう少しで100歳だったのに… でも、十分大往生です。ご冥福を!

  • スーホの白い馬は小1の国語の授業でやったな。

  • スーホの白い馬の絵本は、子供の時は図書館から借りました。大人になってから自分用に買いました。子供に読んであげてます。ただ、読んでる途中で涙が出てしまうので最後まできちんと読んであげることが出来ません。

  • ご冥福をお祈りします

  • NHK「ノモンハン責任なき戦い」の大嘘。

BIGLOBE
トップへ