O157女児死亡 食べたのは炒め物

【O157】死亡女児が食べたのは「タケノコやエビの炒め物」 前橋市会見「8月11日に調理・販売」

9月13日(水)16時20分 産経新聞

埼玉、群馬両県の総菜店「でりしゃす」系列店で購入したポテトサラダなどを食べた人が腸管出血性大腸菌O157に感染した集団食中毒で、前橋市保健所の渡辺直行所長らが13日、記者会見し、死亡した東京都内の3歳女児が食べたのは、前橋市の「六供(ろっく)店」で買ったタケノコやエビの炒め物だったと明らかにした。

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 3歳とは・・・ 一番可愛い時だったろうに

  • 料理後についてしまえば調理加熱も関係ない

  • 感染源の特定を!!

  • スーパーの客がトイレに行っても、手を洗わない客が多い。

  • 感染経路特定できないのに営業許可した保健所が悪い

  • どうにも合点のいかぬ事件。誰か嘘をついているのか?

  • よく分からん記事。炒め物でどうして食中毒?手洗いが原因?

  • トイレっていう人多いがそこに菌があれば全国どこでも感染者多発

  • 炒め物も作らない手抜き親の元に生まれた悲劇‥合掌

  • トイレの後はきちんと手をよく洗いましょうね!

全件表示する

O157をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ