桜島で噴火 噴煙が2800mに

桜島で噴火が発生 噴煙が火口上約2800mに上昇

9月16日(月)8時40分 ウェザーニュース

2019/09/1608:46ウェザーニュース9月16日(月)7時46分頃、鹿児島県の桜島で噴火が発生しました。火口は南岳山頂火口で、噴煙の高さは火口上約2800m(海抜約3900m)に達し、7月28日の噴火以来の高度となっています。噴煙の量はやや多量で、南西方向の鹿児島市南部や南九州市方向に流れて…

記事全文を読む

「桜島」をもっと詳しく

「桜島」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 造山活動期に入っているので、日本列島の活火山は、何時噴火してもおかししくない。オリンピックの返上は、まだ間に合う。テロ、台風、噴火、熱波、放射能・・・開催しても、史上最悪の祭典になる。

  • 自然が日本を襲う。思いたくないが長期政権への天の警鐘か。嫁と一緒になって政治資金不正をやる法務大臣。子供の教育上良くない文科大臣など任命した怒りが国民に変わり怒ってくれているのか。被害の無い様にに願う

  • 元会社の鹿児島市出身の同僚が言ってたな「毎日の事だから気にしてない・・・」と。このニュース見て心配しLINEしたけど「いつもの事」とあっけない返信だった。

  • 誤解しないで欲しいが、火山灰被害は大変だけど噴火が続いて良かったよ。活動期が短いと陸地とつながった時のような大噴火やそれ以上の噴火が起こる可能性が高くなるからね。阿蘇と富士山は心配かな。

  • たーまや〜(^o^)丿

全件表示する

BIGLOBE
トップへ