新潮社社長「常識逸脱した偏見」

新潮社、「新潮45」騒動で社長声明「常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」 杉田水脈議員のLGBT論文擁護で批判殺到

9月21日(金)18時35分 BIGLOBEニュース編集部

新潮社は21日、「新潮45」10月号に掲載した自民党・杉田水脈議員のLGBT論文を擁護する特別企画をめぐり、佐藤隆信社長名で声明を発表。「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」だったとコメントした。声明では、出版にあたって「言論の自由、表現の自由、意見の多様性、編集権の独立の重要性などを…

記事全文を読む

「新潮45」をもっと詳しく

「新潮45」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 出版業界が萎縮してどうすんだ? 常識ってのは賛否両論、様々な意見を重ねた結果で生じてくる物であって、初めから実体があるもんじゃないぞ。社長がいきなりそんな態度では議論も何もできやしないではないか!

  • 批判してる連中もLGBTを己の勢力拡大の踏み台にしか考えてないんじゃないか?批判するだけで実際にこの手の弱者救済を具体的にした話を全く聞いたことがない

  • 杉田は間違ったこと言ってないでしょう。批判してる方がおかしいですから。

  • 新潮社の記事も常軌を逸した内容が時々出ていたけれど、社長として何の発言も無かったな。馬鹿も休み休み言え。

  • 偏見でも貫き通せば良いだけ。新潮社社長、素に戻ってはだめ!。ある意味、偏った言論の自由に特化していただけに非常に残念。購買意欲に欠ける行為ですね。廃刊して出直し創刊期待す!!。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ