電通社長 起訴内容認める

電通社長、罪認め謝罪

9月22日(金)11時10分 時事通信

大手広告代理店電通の違法残業事件で、労働基準法違反罪に問われた法人としての同社の初公判が22日、東京簡裁で開かれた。山本敏博社長(写真)は「間違いありません」と述べ、起訴内容を認めた=東京・霞が関 

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • IT系の長時間労働の場合同じように仕事やっている連中は一杯いるのだから彼女は何故ああなったのか?具体的内容をもっと詰めなければ単に働く時間を短くすればいいという問題では無い。真の原因を隠してるのでは?

  • 電通と言う会社が戦後日本でどのように大きくなる事が出来たのかを知らずしてほっていてはいけません。すべては社会主義国の裏の援助と日本社会党日教組NHK他民放を巻き込んだ自虐史観植え込みから始まっている。

  • ふてぶてしい態度 まるで和民社長みたいだね

  • 一体どれだけの社員が自殺したり精神的病に追い込まれたことだろうか!?

  • 電通は朝鮮人率から言えば日本の企業とは違う、このタブーに切り込まない限り根本的解決とは程遠い

  • 早期幕引きを狙っただけ。最初言っていた事を正しいと思ったのなら、徹底的に戦うべきだが、そうしなかった。

  • 起訴内容だけでなく、その他の改めるべき点は全部認めて改めろよ。

  • 電通に金を払っている資金源に抗議が一番効くだろう【国連の対北制裁の様に】TVだとスポンサー企業・新聞や雑誌なら広告出してる企業だ。行橋市市議も解説してるよ。不買や法理で以て、悪族や悪国や悪企業に対抗だ

  • 自殺に至った原因は長時間労働よりもパワハラだ。本質が違っている。また自殺される方が生まれるぞ。

  • 前科一犯です。犯罪者は大手企業で大手を振って仕事をしないでください。世間では電通前科一犯の犯罪者社長と言うべきです。

全件表示する

電通をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ