膵臓がん 諦めてはいけない理由

膵臓がん、「5年生存率8%未満」でも絶対に諦めてはいけない理由

10月7日(日)6時0分 ダイヤモンドオンライン

克服が困難な膵臓がんほとんどが発見時ステージ4「なぜ神は膵臓という臓器を造ったのか?」東京大学医学部名誉教授・癌研有明病院名誉院長の武藤徹一郎先生が、知人で東大教授だった膵臓がんの患者さんの手術を担当された時に発した言葉だ。当時私は医学部を卒業して3年ちょっとの駆け出しの外科医であったが、病棟担当医…

記事全文を読む

「膵臓がん」をもっと詳しく

「膵臓がん」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • ガンが心配なら、半年に一回PETと腫瘍マーカー全部調べるんだな。それに所詮雑誌を売るために魂売って記事書く専門家。

  • ステージⅣbと告知された知り合いが今年、逝った。1月にわかって、多臓器転移。3月末に最後に会って、5月に逝った。わかってから、坂道転げるように悪化して。

  • 膵臓逝かれるって事は他の臓器も危ういのでは?

  • だから、諦めてはいけない理由は何だッ!

  • 何故膵臓を作ったのか?すい臓がんになるためやんか?すい臓が無かったらすい臓がんにはならへんでぇ

BIGLOBE
トップへ