靖国神社宮司 急転辞任の真相は

靖国神社宮司「皇室批判不穏当発言」で急転辞任の真相

10月15日(月)16時0分 NEWSポストセブン

〈極めて不穏当な言葉遣いの録音内容が漏洩いたしました〉──10月10日、靖国神社は報道各社に向けた文書で、本誌・週刊ポスト10月8日発売号が報じた靖国神社トップの小堀邦夫宮司(68)の「皇室批判」発言について事実と認め、宮司自らが宮内庁に出向いて陳謝し、退任の意向を伝えたと発表。後任については10月…

記事全文を読む

「靖国神社」をもっと詳しく

「靖国神社」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 陛下が参拝されようがされまいが英霊の御霊を弔うのは国民の務め、それより政治家が外国からの批判で参拝しないことの方が許せない

  • 一度も靖国神社を親拝なさっていない。つまりそういう事だ

  • これが日本会議の本意なのだろうが困ったものだ。

  • 皇室批判も許されない国が本当に民主国家なのかな

  • 皇室について誰もが忌憚なく話せることが、皇室にとってもよいことのはずなのにね。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ