目黒虐待死「懲役13年」妥当か

「目黒女児虐待死事件」DVで妻を支配し、娘を衰弱死させた男に下された“懲役13年”は妥当か?

10月18日(金)6時0分 文春オンライン

2つの判決の間をどう読んだらよいのか。10月15日、東京都目黒区で2018年3月、船戸結愛ちゃん(当時5歳)が虐待死した事件で、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた父親の雄大被告(34歳)に対し、東京地裁(守下実裁判長)は懲役13年の実刑判決を下した。速報に接した際、私は「軽い」と感じた。なぜならも…

記事全文を読む

「虐待死」をもっと詳しく

「虐待死」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 決めたのが100%前例主義。まずこの無能な裁判官は罷免。検察は最高刑の20年で控訴。最終はこれを殺人で裁ける刑法改正。

  • 重ければ重いほど抑止力にはなると思う 日本の治安の悪化は弁護士と裁判官の責任じゃないのか

  • 殺人犯が34歳なら禁固44年が妥当だ。生かして娑婆に戻す合理的理由が無い。

  • 可哀そうな子、を今後出さないためにも、もっと重い刑を。

  • 一晩電信柱に縛り付けといてくれ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ