W杯横浜会場 驚きの治水仕掛け

台風19号で浸水したラグビーW杯の横浜会場 驚きの治水の仕掛けとは?

10月19日(土)15時0分 ウェザーニュース

2019/10/1818:44ウェザーニュース10月13日(日)にラグビーW杯の横浜会場(横浜国際総合競技場)で行われた日本対スコットランド戦。前日上陸した台風19号が関東を直撃したため、会場周辺は試合開始直前まで浸水していました。試合中止も懸念されましたが、予定通り無事に開催されました。台風の影響…

記事全文を読む

「横浜国際総合競技場」をもっと詳しく

「横浜国際総合競技場」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 色々考えるな、腐った奴も居るが、伊達に公務員ではない賢い人(提案者は外部の学者・識者かもしれんが)も居る。国民も為に頑張ってください。

  • 地方では中々難しいと言われていますが都市部より地方のほうがこのやり方をして被害を最小限にすべきだと思います。都会は全てにおいて優遇されているから国民の血税はできるだけ地方のために遣うべきだと思います。

  • 素晴らしい治水対策だ。設計が良い。

  • この後も準決勝、決勝戦と行われる。選手も観客も満足の会場だね。

  • 浸水への対応があるのは事実だが、結局想定降水量があり、そこに到達しなかっただけのこと。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ