「ブルジョア障害者」市議が暴言

議会で車いす市議に暴言 「ブルジョア障害者」さいたま

10月22日(月)16時52分 共同通信

さいたま市の吉田一郎市議(無所属)が19日の市議会本会議で障害者福祉を巡る審議中、車いすを使用している伝田ひろみ市議に「ブルジョア障害者」などと発言していたことが22日、議会事務局への取材で分かった。... 

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 車いすも白杖も、厳密に審査すりゃ偽もんが一杯いるだろう。生活保護もそうだが、厳格審査しろよ。もちろん必要な人には手厚くすべき。

  • 一千万円以上も税から報酬貰ってなお医療費無料はふざけ過ぎ、年金生活者はちっぽけな受給でも高額な国保に介護の保険料徴収されてオマケに具合悪くなっても病院行けないんだぞ!一口で言えば年金障害者だよ(涙)

  • 高年収なのに障がい者控除には私も納得できない。少ない年金から住民税、国民保険、介護税等々すべて払わされている

  • この議員だけじゃなく我々日本人の意識が低下している。

  • 言っていいこと悪いことがある謝罪すれば済む話じゃない議員辞職が妥当

全件表示する

BIGLOBE
トップへ