東京に生まれる外国人街の実態

新大久保、高田馬場、西葛西——続々と東京に生まれる外国人街の実態

10月23日(火)11時0分 文春オンライン

東京を歩くと外国人の姿が非常に目立つようになったのは2013年くらいからだろうか。これを2020年の東京五輪開催が原因とする論調もあったが、その認識は間違いだ。東京五輪は東京の名前を世界に宣伝する効果はあったと思うが、今、五輪をやっているわけではないのに東京の街中には外国人が溢れかえっている。30年…

記事全文を読む

「外国人」をもっと詳しく

「外国人」のこれまでの出来事

「外国人」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 日本人のやり方に従わせないとダメだよ。日本国内に別の国を作ってはいけない。

  • 外国人労働者の受け入れ 反対!!!

  • 日本文化の崩壊、中華の日本企業買収で中華人が雇い主、日本人が労働者。日本の土地建物買い占め衣食住で占領化が進行中。安い外国労働者が増え、日本人労働者の賃金高騰を抑制。日本が日本で無くなる。

  • 日本人が自由に立ち入れない場所はそこはもう外国、移民1千万計画を自民党が10年数年前から計画してた。ここに来て隠さなくなって移民政策を堂々と言うようになった。鳩山由紀夫でも口だけだったのにww

  • なんでこいつら定住出来てるの?日本の入管は甘すぎないか?しかも見事にろくでもない国から来た連中ばっかり(呆)

全件表示する

BIGLOBE
トップへ