稚拙なクールジャパン戦略に苦言

「クールジャパン担当の役人は素人ばかりで戦略もない」岩井俊二監督が政府の稚拙なクールジャパン戦略に苦言

11月1日(水)20時58分 LITERA

「クールジャパン」なる標語がかまびすしく喧伝されるようになって久しいが、その成果は一部のアニメ作品に関するもの以外ほとんど聞こえてこないのが現状だ。そんな状況に対し、岩井俊二監督が疑問の声をあげている。それは、「SPA!」(扶桑社)2017年10月24日号に掲載された上杉隆氏の連載「革命前夜のトリス…

記事全文を読む

「クールジャパン」をもっと詳しく

「クールジャパン」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 頭が悪い戦略を展開したもんだ・・・文化も理解できない役人・議員が推進しても失敗するだけじゃんか

  • 映画の監督といえば左系が圧倒、真ん中も右も見なけりゃ良い映画は撮れんだろ、日本人でない監督は文句言わず祖国帰って作ればいいやろが!

  • なにを言っているのかさっぱりわからないね。小学生でもわかる記事をお願いします。この記事が日本の何に役立つの?

  • 日本の役人にこの手の活動がまともにできるかは、確かに疑問だが一映画監督が「挨拶にさえ来ない」とは何様?

  • アニメ・ゲーム業界が一番この「クールジャパン」で甘い汁吸ってんじゃない?なのに上から目線で持論を展開、って何様?「では一緒に日本文化を広めるよう共に行きましょう」じゃあないんだね。だから左系って嫌い。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ