東久留米強殺 物取り偽装か

東京・東久留米殺人 被害男性の財布とバッグ発見 物取り偽装か

11月10日(日)20時35分 産経新聞

東京都東久留米市下里の住宅で会社員、二岡一浩さん(55)が殺害された事件で、二岡さんの財布とバッグが1階のリビングから見つかっていたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。室内は荒らされていたが、これまでになくなった物は確認されておらず、警視庁田無署捜査本部は物取りの犯行を偽装した可能性もあると…

記事全文を読む

「強盗殺人」をもっと詳しく

「強盗殺人」のこれまでの出来事

「強盗殺人」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 強殺にみせかけようとした割に、抜けてるな。怨恨での殺人も強盗殺人でも被害者一人では死刑はないから・・・被害者に問題がなければ死刑にすべき!いい加減、前例踏襲をやめられない無能裁判官は辞めろ!

  • 物取りなら、30数か所も刺さないでしょ?恨んでたんでしょうね?

  • だったら、怨恨だね。絞り込み・アリバイ調べれば意外と早く見つかるかも

  • サスペンスドラマなら、海外旅行に行ったはずの内縁の妻とその娘が実は旅行になんか行ってなくて・・・みたいな展開・・・

  • だから、殺された男性の生命保険はどうだったんだってば。どうせ、捜査は終わってんだろ。加入してたんなら、みんなが思ってるとおりの犯人像だろうな。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ