「ガンは真菌」紙面広告が物議

「ガンは真菌だ!」紙面広告が物議 朝日新聞社広報「十分な検討を行うべきでした」

11月14日(木)19時38分 J-CASTニュース

朝日新聞社は2019年11月14日、批判が集まっていた紙面広告をめぐり、「媒体として十分な検討を行うべきでした」とするコメントを発表した。同社は、11月12日付(東京、大阪、名古屋各本社版)、13日付(西部本社、北海道支社版)の朝刊で、「重曹でガンが消えた!」などと謳う書籍の広告を掲載していた。「ネ…

記事全文を読む

朝日新聞「十分な検討行うべきだった」 専門家から指摘が相次いだ『ガンの新しい治療法』書籍広告について見解示す

11月14日(木)20時32分 ねとらぼ

朝日新聞社は11月14日、12日付の朝刊に掲載していた『イタリア人医師が発見したガンの新しい治療法』の書籍広告について、広告内容に疑念があったとし、今後は「慎重なチェックに努めてまいります」とのコメントをサイトで発表しました。問題となっていた広告では、「外科医として40年、ガンと戦って発見した治療法…

記事全文を読む

「朝日新聞」をもっと詳しく

「朝日新聞」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 朝日のやることにゃ、今さら驚かないよ。

  • メディアとして、出来て当たり前な事が出来きないから今の姿なんですよ。

  • 発行部数減、広告収入減、なので思わず飛びついちゃいました、ってか(笑)。

  • 別に驚かない。だって日本人をダメにするのが目的の新聞だろ。

  • ガセを扱う者としては日常ですよね?

全件表示する

BIGLOBE
トップへ