ハンセン病家族補償法が成立

「ハンセン病家族補償法」が成立

11月15日(金)13時25分 AbemaTIMES

ハンセン病元患者の家族に対する補償法が15日、参議院本会議において全会一致で可決され、成立した。差別被害に苦しんできたハンセン病元患者の家族に対する補償法は、国会と政府を主語として「反省」と「おわび」を記し、家族1人あたり最大180万円を支給する内容となっている。(AbemaTV/『AbemaNew…

記事全文を読む

「ハンセン病」をもっと詳しく

「ハンセン病」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 権力者や裕福層、資本家、大企業の救済や有利な法律はものすごい速さで決めるくせに、弱者に対しての救済は無視か決めるのが極めて遅い国。民主主義などすでに絵に描いた餅以下なんだろうね。封建国家に後退中。

  • 野党は反対ばかりとの指摘だが、今回も反対したのか?是々非々なんだよ。

  • 患者さん達が一番大変だったろう。患者が現存していたとしたら、補償金を受け取る人達は喜んで家族として皆さん受入れるかな?金と面倒見る事は別問題と考えるなら悪徳弁護士に相乗りしただけと考える。

  • まさか国はこれで全国の国立ハンセン病療養所をせいせい堂々と閉鎖するのではないだろうな

  • 無駄な国防という名のアメリカの負の負債を購入、政治家の票集めの無駄遣いを止めて支払えばいいのに、こんな苦しみを与えた人達に180万で過去を清算してくれとは、政治家が国民を見ていない事が良くわかる。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ