政権が入管法改正にこだわる理由

政権が「入管法改正」こだわる意外な理由 きっかけは9月の総裁選だった?

11月19日(月)7時0分 J-CASTニュース

「拙速」批判が相次ぐ入管法改正。安倍政権がこうも「前のめり」になる理由とは——。単純労働を含む外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改正案が開会中の臨時国会の最大の焦点になっている。新たな在留資格「特定技能」を2019年4月に創設するもので、就労目的の在留資格を医師や弁護士など「高度な専門人材…

記事全文を読む

「出入国管理法」をもっと詳しく

「出入国管理法」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 外国人受け入れ拡大を断固として反対する!すでのこの治安の乱れの加速を知れや!!日本をムチャクチャにするな!!!

  • 法案を急ぐ時の理由は、自らの保身と引き替えに招いているアメリカからの圧力、経団連からの圧力に他ならない。

  • もう、そろそろ安部ちゃんも終わりだ!!

  • 人材派遣の竹中ヘイゾウとか友達が儲ける話しか持ってこない政治屋 バカみたいな集まりだな 霞ヶ関を改革できる有能な政治家は日本には生まれてこないのか

  • 何でも数の力で押し通す。あとは誰かが何とかしてくれる。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ