元暴力団員「嫌がらせ」耐え忍ぶ

元暴力団員の飲食店主 足洗って10年経っても嫌がらせ受ける

12月3日(火)16時0分 NEWSポストセブン

孔子の言葉にも、聖書にも「罪を憎んで人を憎まず」という言葉があるほど、この考え方は世界中で共有されているが、現実にはなかなかそうはいかない。過去に反社会勢力に加わっていた、さらに前科まであるとなると、現在がどうあれ色眼鏡で見てしまうのは避けられない。だからといって、再チャレンジのチャンスまで奪う権利…

記事全文を読む

「暴力団」をもっと詳しく

「暴力団」のこれまでの出来事

「暴力団」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • そりゃあ辞めるまでにその序章である学生の頃から含めてどれほどの人を貶めて来たんだ?私は辞めたからもう終わり?そんな訳ない。その通り一度なったら死ぬまでそう。

  • 暴力団や刺青入る前からわかっているでしょ。私は足洗ったから、、はーっ?他人脅かしてお金稼いでたんですよね。じゃあ仕方いないでしょ。いじめっ子が反省してもねいじめられっこは納得しないよ。

  • 一度やってしまったことは何十年経とうと、本人が死のうと消えないよ。当たり前のことだと思うのだけれど。

  • まるで反社会だなんだと差別する周りが悪いみたいな記事だが悪いのは骨までしゃぶろうとする元仲間の暴力団達じゃ無いか、警察が徹底的に締め上げ重罰を与え其奴らを二度と社会に出られないようするしかない!

  • ある意味自業自得 悪いことした罪は合法非合法関係なく消えることは無い 反省しろ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ