史上最年少 9歳が数検1級に合格

大学レベルの最難関階級 数学検定1級に小4の9歳が最年少合格

12月10日(火)10時0分 @Press

公益財団法人日本数学検定協会(所在地:東京都台東区、理事長:清水静海)は、2019年10月27日(日)に実施した第344回「実用数学技能検定(数学検定・算数検定)」の個人受検の結果を取りまとめたところ、理数系大学卒業程度の内容である1級に兵庫県在住の小学校4年生の児童(受検当時9歳)が合格し、これま…

記事全文を読む

「数学検定」をもっと詳しく

「数学検定」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • こういうギフテッド児童がなんの配慮もなく小学校の算数の時間に縛りつけられて意気阻喪してしまわないことを願う

  • いいね!技術立国日本として理数系の天才は喜ばしい!!頑張れ!!!

  • 『地球温暖化を止める研究など世の中の役に立てるように貢献したい』グレタさんを揶揄する大人が多く、その道は険しいかもしれないが、地球規模の問題意識を既に持っていることが実に頼もしい、正に地球の子である。

  • この間も9歳で大学卒業したベルギーの天才児が居たなw

  • 勉強の普通に出来る子、グレタちゃんも学校なんて行かなくても本やパソコンから十分知識は学べる、学校の集団で生徒を飼い慣らす制度は必ずしも正しいとはいえないのだ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ