宮司殺害「遺書」2300箇所送付か

富岡八幡宮殺人 容疑者は“遺書”を2300箇所に送っていた!

12月13日(水)16時0分 文春オンライン

宮司就任時の茂永容疑者12月7日、東京都江東区の富岡八幡宮で宮司の富岡長子さん(58)含め、3人が日本刀やサバイバルナイフで殺傷された事件。長子さんの弟・富岡茂永容疑者(56)が犯行前に書いた“遺書”の宛先が2300箇所におよぶことが「週刊文春」の取材によって明らかになった。A4で計8枚の“遺書”は…

記事全文を読む

「富岡八幡宮」のこれまでの出来事

富岡八幡宮をもっと詳しく

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 聞けば聞くほどただの甘ったれたボンボンにしか思えない。そんなヒマがあるんなら少しでも人間的に成長することに費やせば良かったのにな。

  • 異常すぎる。こんな人が宮司になれてたなんてなあ。家族血族なら誰でもOKなのか?審査基準とないのかよ。神職も地に落ちたもんだな

  • 神前で殺人なんてバチ当りのアホ丸出し 遺書なんか破り捨てちまえっ

  • 恐ろしい執念だね

  • 資源の無駄

全件表示する

BIGLOBE
トップへ