インスリン広めた天才たちの悲劇

日本人なら知っておきたい「インスリンを広めた天才たちの悲劇」 — 命を賭けて糖尿病患者を救った三井二郎左衛門、福屋三郎

1月10日(木)7時30分 tocana

■スーパードクターM福屋さんが徴兵されていなくなった後、日本の海はアメリカ軍に制圧され漁業は不可能となり、インスリンの原料である魚が入手できなくなって生産はストップ、陸軍は清水製薬を勝手に指定工場にして、全ての在庫を押収、海軍は鳥居薬品の工場を押収していきました。インスリンが手に入らなくなることが知…

記事全文を読む

「インスリン」をもっと詳しく

「インスリン」のこれまでの出来事

「インスリン」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • インスリンを開発した人も顕彰してあげて

  • インスリン開発者を主軸にはしているが、当に、この記事は、人間社会の縮図だよね。この記事から、今現在人間社会が直面をしている現実を読み解ける人の方が多い事を希望します。

  • 舶来尊重で国産や国内で頑張る人になかなか日が当たらない。一兵卒で戦地送りは今も昔も同じ。外国で評価されないとダメ。

  • オプジーボ開発者も責任取って欲しい、五輪で暗躍してる奴が元気になっちまったぞ!

  • ばかばかしくて話にならない。糖尿病治療=インスリンと人工透析という間違った手法を定着させ、金儲け医療ビジネスの基を作った、無知な患者にとっての悲劇というべきだろうな。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ