「新電力」異常高値 消費者悲鳴

「異常な高値」電力ショックで消費者悲鳴 「市場連動型」のデメリット直撃、事業者も苦慮「数千万円の赤字」

1月12日(火)17時4分 J-CASTニュース

日本卸電力取引所(JEPX)の市場価格の高騰により、「市場連動プラン」と呼ばれる電気料金プランを契約する消費者から悲鳴が相次いでいる。契約件数は80万件にのぼるといわれ、関連事業者は相談窓口の設置や救済措置に乗り出している。「例年と比べて約10倍近い異常な高値」大手電力会社で作る「電気事業連合会」は…

記事全文を読む

BIGLOBE
トップへ