シェアハウスは独居老人を救うか

高齢者用シェアハウスは独居老人を救うか

1月14日(月)11時15分 プレジデント社

■「高齢者用シェアハウス」は独居老人を救うか?国土交通省は高齢者が死亡するまで住める賃貸住宅の供給を増やすため、「終身建物賃貸借事業」の省令を改正し、床面積やバリアフリー基準などを緩和した。この事業は60歳以上の高齢者を対象とし、床面積を25平方メートル以上確保した物件を提供、一代限りの借家契約を結…

記事全文を読む

「シェアハウス」をもっと詳しく

「シェアハウス」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 社交性のない現代の老人が他人と暮らしたらトラブルだらけだよ。風呂や台所、トイレの取り合いで、ケンカするのだからどうすんの。

  • シェアハウス?間違いだろそんな金があるならケアハウスだ!

  • 好きで独居してるんだから、かまうなよ。今更他人と同じ屋根の下なんてまっぴらだね。

  • 60歳過ぎたら身寄りの無い年寄りは部屋を借りるの大変だよ。大家は嫌がるし、そもそも保証会社の審査が通らない

  • 帰宅したらシェアしてた相手が亡くなってたなんてのはやだよね

全件表示する

BIGLOBE
トップへ