米ブランド9社「瀕死」の状況か

苦闘する米ファッションブランド、9社は「瀕死」の状況か

1月17日(水)14時30分 Forbes JAPAN

米国のファッション業界を見回してみると、サクセスストーリーよりも失敗例の方が多いことが分かる。消費者たちは、各ブランドが提供するものの多くを買わなくなっている。衣料品・服飾品の売上高は2017年、前年比わずか1.1%の増加となった。さまざまな兆候から見て取れるのは、衣料品小売業には「定常状態」が続く…

記事全文を読む

ファッションをもっと詳しく

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • ブランド品はそれなりの品質を維持していると思うが、価格が高すぎる。品質を超える価格だから、俺は買わない。安くても同レベルの品質のものは多々ある。

  • どうでもいい。ブランドにこだわるやつらとかただの自己満足。

  • まあ朝鮮製品だけは買わない

  • ブランドに胡坐をかいた横柄な商売に祟りが出てきただけ、買う方もアホだが売る方はそれなりの努力をするべきだ。

  • 半島の企業を没落させよう、って既に買ってないか・・・

全件表示する

BIGLOBE
トップへ