トヨタが全車種EV化を焦る理由

なぜトヨタは全車種の"電動化"を焦るのか

1月18日(木)9時15分 プレジデント社

クルマの電動化が加速している。トヨタは2025年頃までにエンジン車のみの車種をゼロにすると発表した。豊田章男社長は「生きるか死ぬかの戦いが始まっている」と檄を飛ばす。なにが起きているのか。『自動車会社が消える日』(文春新書)の著者であるジャーナリストの井上久男氏は「ポイントは『クルマのスマホ化とロボ…

記事全文を読む

「トヨタ」のこれまでの出来事

トヨタをもっと詳しく

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • EVは嘘前提の市場だからなあ

  • エンジンと比較するとモーターの部品点数は極端に少なく、特別な鍛造技術や切削研磨技術を必要としない。故にEVは技術力も設備投資も少なくて済む。EV生産企業は雨後の筍の如く発生する。付加価値と価格が勝負だ

  • トヨタがEVを出したら焦るのはルノーだろ、リーフが売れなくなる。

  • 日本は職人技的なアナログ物は強いけどデジタル物は弱いからなあ

  • スマホみたいにあっという間に中華が席巻。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ