JAL乗務員に実質的な完全禁酒令

ほとんど完全禁酒令...JAL乗務員は大変だ 問題多発で「24時間ルール」

1月18日(金)17時13分 J-CASTニュース

パイロットと客室乗務員(CA)の飲酒で日本航空(JAL)が国土交通省から事業改善命令や業務改善勧告を受けた問題で、JALは2019年1月18日、改善策を国交省に提出した。検査体制の強化や社内処分の厳罰化、社内教育の強化などが骨子だ。副操縦士が18年11月に英国で逮捕されたことを受け、飲酒禁止の期間を…

記事全文を読む

「JAL」をもっと詳しく

「JAL」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 多くの命を預かるパイロットには必要なルールです。ここまで管理されれば乗客は安心して搭乗できます。飲酒飛行で墜落全員死亡では浮かばれません。遅すぎたくらいです。

  • むしろ今まで、禁酒例が、無かった事に驚く。

  • これはしょうがないでしょう。身代わりまでするようなバカまで出るんじゃ。

  • 観光バスなどの運転手とは桁違いの高額報酬を得ているんだから厳しくするのは当たり前

  • 乗るなら飲むな 当たり前だ弩あほう

全件表示する

BIGLOBE
トップへ