早期退職募集 前年の3倍に

上場企業の早期退職募集、前年の3倍に 最多は富士通の約3000人

1月20日(月)15時7分 キャリコネニュース

東京商工リサーチは、2019年に早期退職を募集した上場企業は延べ36件で、2018年の3倍に上ったことを発表した。対象人数は1万1351人で、件数、人数共に過去5年間で最多だった。最も人数が多かったのは富士通の2850人。次いで、ルネサスエレクトロニクスの約1500人で、子会社の売却や事業の選択・集…

記事全文を読む

「上場」をもっと詳しく

「上場」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 貯金がある程度あるなら辞めてもいい。会社好きか?好きじゃないだろ。心中してもいい上司はいるか?いないだろ。そこは人生捧げる場所じゃない。だがな、希望退職募るなら経営陣が一掃されてからだ。

  • 退職した翌年にくる税金を見て更に絶望する キャリア採用も少なく更に絶望する 新卒と同等の中途採用の待遇の悪さに更に絶望する 嫁は離婚届突き出し絶望する そして引きこもる

  • そのうちAIの発達で誰にでも出来る事務作業なんかの仕事は無くなるらしい

  • 少子高齢化は付け足しの理由のようだ。内容を分析精査すると単に各企業ともお金が回らなくなって来ているとみたが?

  • 延々と構造改革の日本企業。イノベーション投資もカジノ日本は12位へ、韓国は1位から2位へ。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ