呉服屋・新聞販売店が潰れぬ理由

「呉服屋、スナック、新聞販売店」がなかなか潰れない理由

2月25日(火)15時15分 プレジデント社

■落語家と同じくらい不況に強い3つの業種現在、落語家の数は史上最大規模となっており、大阪・東京合わせて1000人を突破しました。それに対して、現存する古典落語の数はおおむね300程度。これは奇妙な現象です。言葉を換えれば、「300しかないネタバレした噺(はなし)を1000人以上もの落語家が日々やり合…

記事全文を読む

「落語家」をもっと詳しく

「落語家」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 新聞屋が洗剤やビール券配るのは、あれ個人の「自腹」だからな 超ブラック以外の何者でもない

  • 朝日新聞社の「押し紙」問題。 泣くのは販売店

  • 適当な餌で釣る。

  • おいおい、社長! 日本の社長のレベルが知れわたる内容だW。

  • 結構倒産していると思うが... ある程度の資本や地域を牛耳るような店舗でなければ、公演の主催なんてしない 個人経営の新聞店は統廃合されるし、呉服店・スナックも高齢化で閉店する 力ある店舗は潰れないだけ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ