異例のヒット 湖池屋の商品戦略

老舗スナックメーカー湖池屋の消費者に愛されるブランド作り

3月12日(火)12時57分 財経新聞

■消費者動向への理解は経営安定のカギ消費者の購買パターンは常に変わりつつあり、経営者や販売・マーケティング担当者は業界の変化や消費者ニーズを的確に読み取る必要があります。【こちらも】湖池屋、新生第一弾の新商品としてポテトチップ3味発売例えばここ数年頻繁に現れるキーワードには、「コト消費」や「アマゾン…

記事全文を読む

「湖池屋」をもっと詳しく

「湖池屋」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 原材料が日本産ならそれでいい。湖池屋でもカルビーでも。ただプリングルス、お前はダメだ。ジャガイモの使用率半分以下で小麦大量に混ざってるだろ。

  • 湖池屋のおかしはウマいと思う。私は昔っからファンである。

  • 最近は自然とカルビーよりも湖池屋のポテトチップスを選んでいる。

  • 最近小池屋もカルビーも買ってない 無名の安いのしか買わなくなった 味はたいして変わらない

  • ダッテえらいかルビーさんは値段高いもん。海老船だけやん、歩て地なんて安かったらええネン

全件表示する

BIGLOBE
トップへ