進む「時短」最大の背景は

進む「時短」の背後に何が 人手不足倒産は過去最多、ネットに奪われる客...

3月16日(土)21時0分 J-CASTニュース

人手不足が深刻化する中、小売りや外食業界で営業時間の短縮に乗り出す動きが広がっている。イオン子会社のマックスバリュ西日本(広島市)は2019年3月21日から一部店舗で実施していた24時間営業を取りやめる。和食レストランなどを展開する梅の花(福岡家久留米市)は大半の店舗で5月から月2日の定休日を設ける…

記事全文を読む

「小売業」をもっと詳しく

「小売業」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 別に、昔に戻るだけ。

  • 大昔から、思っていた。24時間にするから、たむろする若者がウロウロする。今でも、ゴミの問題に悩まされてる人も多いはず。夜中に開けるなら、3人は、人を置かないと。休みが増えたら、従業員の対応もよくなる?

  • 時短はいいけれど給料は減るんですよね。残業して、休日出勤してやっと食っていけるという人たくさんいます。働き方改革って給料が減ることになり困ります。働き方や価値観は人それぞれだと思います。

  • 人口数に合った経済基盤があればいいだけ。高齢者の増加を問題にしているが、果たしてそれだけだろうか?行政改革、公務員給与の見直し天下り先への予算カットなどを含めて社会保険料の徴収を漏れなくやれば5兆円↑

  • 人手不足倒産という言い方やめなよ。安い賃金で働く労働者が少なくなっただけでしょ。低賃金でしか経営できない会社は、自然淘汰されるものでしょ。今までが酷かっただけだよ。もう国は赤字会社を救う政策やめなよ。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ