コンビニおにぎり小さくなった訳

コンビニおにぎりが小さくなっている理由

3月23日(金)9時15分 プレジデント社

■元凶は補助金漬けの日本のコメ価格の高さ外食や弁当などの中食に使われる業務用米の卸値が上がっている。例えば、牛丼に使われる北海道産きらら397の1俵(60kg)あたりの取引価格は2017年10月で1万5774円と3年前より23%も上がった。外食チェーンで値上げの動きが広がり、コンビニは値上げをしない…

記事全文を読む

「コンビニ」をもっと詳しく

「コンビニ」のこれまでの出来事

「コンビニ」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 多少の割高になっても、中華産のモノ食うよりマシだよ!

  • 小さくなったり量が減ったりしてるのは、コンビニのおにぎりだけじゃないじゃん!!!!!!!!!!!!!!!!

  • 俺は、食べ物に関しては、同じ値段で小さくするよりも同じ大きさで値上げの方が良いと思う。おにぎりが小さくなると、他に追加で買うから、結局は割高になる!

  • 補助金漬けの元凶は農業人口の減少。3K労働はどれでも嫌われる。

  • 値上げをすると、アベノミクス失敗とかいわれるから、安倍が量を減らさせている 各食品についても、同じ事が言える 卑怯なやり方だ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ