「有休義務化」回避させる裏ワザ

「有休義務化」を回避する裏ワザ、企業の悪用は認められるか?

3月24日(日)9時58分 弁護士ドットコム

2019年4月から始まる「有給休暇」の取得義務化を回避するため、企業側が「裏ワザ」を使う可能性がネットで指摘されている。義務化では、有休が年10日以上付与される労働者に対しては、有休日数のうち年5日を企業が時季を指定して取得させることが義務付けられた(ただし、労働者が計5日以上の有休を取得済みの場合…

記事全文を読む

「有給休暇」をもっと詳しく

「有給休暇」のこれまでの出来事

「有給休暇」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 有給休暇をいつ取得するかは,原則,労働者の自由。企業の時季指定義務化は,義務化どころか,この自由を奪い,休む必要もない日に休ませるという,取得率が上昇するだけの算数上の運用になる。これは改悪・最悪!

  • 有給休暇が残ったら企業に日割りの100%増しで買い取るようにすれば良いだけ

  • 休めるものなら休むけど、多忙で休めばそのしわ寄せは自分に帰ってくる。綺麗ごとばかり言うな。

  • 経営者ってのはカネのことしか頭にない。社員は機械の部品と同義なんだよ。作動を止めたらその分損になるから止めないような操作法を考えるんだろう。。

  • 安倍政権に為ってから民間企業への口出し及び内政干渉が多くなった。本来自由で有るべきなのに強権政治で国の意向に腕づくでも従わせる心算なのだろう。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ