ユニークな発想で作られた大福

これから食べたい「大福」、和洋折衷やフレッシュないちご大福など

4月21日(日)8時0分 MONEYzine

口にすれば、いいことがありそうな和菓子「大福」。これまでにないユニークな発想で作られた一品がある。味も魅力だが縁起の良さそうなネーミングも魅力の和菓子「大福」。バリエーションのひとつである「豆大福」は、大福そのものの甘みに赤えんどうの塩味が加わっているのがポイントだ。このように複数の味を上手に組み合…

記事全文を読む

「大福」をもっと詳しく

「大福」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 和菓子は季節を感じる事も大事だと思う。現代は旬を無視したものが多すぎる。

  • 話題性の時は長時間並んでも買いたくなるが、誰もが1度食べたら満足で3ヶ月後には行列さえもなく閉店する店も多い。ユニークな発想の一時期のブームに踊らされては駄目だと思うな。

  • うまくいった場合はユニークと称賛、失敗したら邪道と嘲笑

  • 要らない。王道の大福だけでいい。

  • 私の身体も大福よ。でもおいしそうに見えないの。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ