白州12年と響17年 販売休止へ

サントリー「白州12年」「響17年」販売休止へ ウイスキー人気で熟成した原酒が不足

5月15日(火)14時32分 ねとらぼ

サントリーホールディングス(HD)傘下のサントリースピリッツは、国産ウイスキーの主力商品「白州12年」と「響17年」を6月以降に販売休止することを明らかにしました。サントリーHD広報部によると販売休止の理由は、国内でウイスキー人気が高まったのに伴い、両商品の需要が想定を超えて拡大してしまったため。「…

記事全文を読む

「サントリー」をもっと詳しく

「サントリー」のこれまでの出来事

「サントリー」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 一般的な工業製品と違って十数年前の予見が必要だからね 需要が増えたからといって増産できるものでもないし・・・

  • 私の周りを見てもそんなに国産ウヰスキーを飲んでる人居ないけどなぁ?

  • ウイスキーは焼酎に圧されて国内売上か落ちた。でも日本のウイスキーは海外で人気が高く輸出用に原酒を残すのがサントリーとしてはよいのでしょう。

  • そしてネットで高値で転売されるのでした、チャンチャン

  • 飲酒犯罪者が激増し続ける日本。酒造会社は飲酒犯罪被害者基金を作り酒絡み犯罪の被害者を救済すべきだ。日本は迷惑な酔っ払いに甘すぎる。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ