赤字のレオパレス 見えぬ打開策

レオパレス、見えぬ打開策 「この難局を乗り切る」新社長は力を込めたが...

5月18日(土)21時0分 J-CASTニュース

「一定のけじめをつけ、責任を果たす意味で社長を辞任する」——深山英世社長の言葉は、今回の辞任が「引責」であることを認めるものだった。賃貸アパート大手のレオパレス21の2019年3月期連結決算。昨春以降に発覚した施工不良問題の影響で8期ぶりの最終赤字に転落した。5月10日の発表会見では、創業家の深山社…

記事全文を読む

「レオパレス21」をもっと詳しく

「レオパレス21」のこれまでの出来事

「レオパレス21」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 自分達で蒔いた種を難局と言い、それを乗り切ると表現するなんて馬鹿の極み。

  • 前社長も新社長も言ってることが他人事、まるで事態がわかってない。アホなん?

  • 『打開』???まだやるつもり?倒産しか見えないがな。約束の『30年』を待たずに契約解除した物件のオーナーが騒いだらどうなるかな?

  • 普通に考えると、難しいよね

  • 規模が大きいからバレちゃったが、全国そこかしこにある民間アパートだって、一番安い資材を使って、一番安い建て方で建ててるのはこれ常識。調査すれば何が出てくるか判らない。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ