紛失原画落札 まんだらけが声明

講談社「買わないで」まんだらけ「非は出版社」 「愛と誠」原画落札、議論は平行線

5月21日(月)20時22分 J-CASTニュース

漫画『愛と誠』(梶原一騎原作、ながやす巧作画)の原画が「まんだらけオークション」で落札された問題が、各所に波紋を広げている。まんだらけ(東京都中野区)は「明らかに非は出版社様にあります」と講談社側の不手際を指摘。ながやすさんの妻は「巧も私も毎日落ち込んでいます」と公式コメントを発表した。原画を落札し…

記事全文を読む

「まんだらけ」をもっと詳しく

「まんだらけ」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • ま、講談社が本当に反省していて、且つ作家の希望を叶えたいと本気で思っていたなら、取り敢えず落札しておくくらい出来たよな。所詮他人事。代理人も何故手を打たなかったんだろう?

  • 盗品されたもの自ら落札しなきゃいけないのかね?盗品と分かっていたなら警察に通報義務あるんだよね。それは怠っているね。古物商の免許取り上げた方がいいんじゃないですか。初めての事じゃないですし

  • 最優先すべきはながやす先生の意思。どちらもクリエイターの作品を扱う会社だ。先生に敬意を払って歩み寄って解決するのが筋だろう。ご高齢のながやす先生に精神的負担をかけた両社共に最低だ。行いを恥じろ。

  • 盗難にあっているのだから犯人捜ししたらよいのにね。落札した人も互いに気持ち悪くないのかね?警察沙汰にしないのなら最後はカネで問題解決できるでしょうね。

  • 昔は結構いい加減 作家の生原稿なんてガンガン出てる

全件表示する

BIGLOBE
トップへ