空港「民営化」の期待と課題

次は福岡 空港「民営化」の期待と課題

5月27日(日)14時0分 J-CASTニュース

全国の空港で民営化が進んでいる。2016年4月に民間委託を開始した関西国際空港(関空)と大阪(伊丹)空港に続き、国が管理する地方空港では同年7月の仙台空港、18年4月の高松空港が既に民営化している。国管理の地方空港として民営化の第3弾は19年4月予定の福岡空港で、国土交通省は同空港の運営権を売却する…

記事全文を読む

「空港」をもっと詳しく

「空港」のこれまでの出来事

「空港」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 民営化したら素晴らしい未来が待っていると言い、実際は国鉄民営化、郵政民営化どれも地方の手足を削いでいった。

  • いつのまにか外国資本へと。

  • 都道府県に一か所以上の飛行場 な〜の 計画も無くただ 飛行場を作り税金を投げ込んだだけ 当時の政治家は既に無く残ったのは地方債の借金だけ 飛行機が飛ばない飛行場さえある 荷物になったら民間へ捨てる 

  • 民営化になると大韓航空機は着陸拒否してくださいね。

  • 労働者が外国人になって密輸入・非合法輸出が増えるんですね 分かります

全件表示する

BIGLOBE
トップへ