トヨタ スバルと生き残り賭ける

トヨタがパートナーに選んだスバル 生き残り賭け「量産EV」に挑む

6月15日(土)21時0分 J-CASTニュース

トヨタ自動車が世界市場で電気自動車(EV)の普及を目指す新たな計画を打ち出した。まず2020年に中国で自社開発の量産EVを発売する。中国に続き、日本、インド、米国、欧州でもトヨタ・レクサス両ブランドで量産EVを導入し、「2020年代前半には、10車種以上をラインナップする」という。「今後はトヨタとの…

記事全文を読む

「トヨタ」をもっと詳しく

「トヨタ」のこれまでの出来事

「トヨタ」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • ひとをころさないクルマをつくてください。

  • 今の蓄電池の技術で無理にEVを普及させる意味がわからん。ガソリン車より大幅に性能が劣る。まともな蓄電技術が育ってから取り組むべきだと思うよ。

  • 政府が本気で成長戦略をヤル気ならば、トヨタの様に世界をリードし日本産業復活を志す企業をあと二つ作り上げろ。旧態依然の経産省主導では日本の産業は敗退し市場から退場する。もっとアジアに目を向けろ!

  • スバルはトヨタ群馬事業所になるな。スバルビルは小田急に売られていたね。

  • 昭和生まれの人は絶対にプリウスには乗らないほうがいい 運転免許をとったころの車とはギヤとかが違うから前進とバックが間違いやすい だから新しい車での踏み違い事故がおおいようだ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ