生きるか死ぬか トヨタの危機感

"生きるか、死ぬか"トヨタの危機感の正体

6月15日(金)9時15分 プレジデント社

「100年に一度の大改革の時代」「勝つか負けるかではなく、生きるか死ぬか」。トヨタ自動車の豊田章男社長は、こうした発言を繰り返しており、危機感を隠しません。次世代自動車の世界で、トヨタは生き残れるのか。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授は「部品点数の少ない電気自動車にシフトすれば、下請けや孫請け…

記事全文を読む

「トヨタ自動車」をもっと詳しく

「トヨタ自動車」のこれまでの出来事

「トヨタ自動車」のニュース

みんなのコメント

  • スマホとテレビで起きたことは自動車でも起こる。100年どころか5年、10年の生き残りが課題。

  • EVとか性能以前にデザインで却下

  • それなら創業家一族の世襲経営をやめたら?企業経営を能力と実績に秀でた者ではなく血筋で受け継いでいくなんてまるで王朝じゃないか。そもそも今のトヨタを築いたのは名も残らない優秀な技術者、従業員たちだよ。

  • 一族にとっては死活問題だもんね。こういう体質が悪徳商売させるんだよ。下請けや取引企業に対する態度や値引きは酷いもんだよ。顧客にだけだよ良い顔するのは。

  • アナログカメラからデジタルカメラみたいに、南北朝鮮が平和統一したように、その劇的な日は、いきなりやってくるが準備は本当に万端か?

全件表示する

BIGLOBE
トップへ