コンビニ24h問題が解決困難な訳

コンビニ「24時間営業問題」の解決が絶望的に困難な理由

6月17日(月)6時0分 ダイヤモンドオンライン

大阪府にあるセブン-イレブンのフランチャイズ店のオーナーが、人手不足などの理由から本部に無断で時短営業に踏み切った騒動。当初、セブン-イレブン本部は難色を示したが、それもそのはずで、双方の言い分にはそれぞれ一理あり、かつ大きな隔たりがあるのだ。(清談社岡田光雄)日本・韓国は変革期に各国で異なる営業時…

記事全文を読む

「コンビニ」をもっと詳しく

「コンビニ」のこれまでの出来事

「コンビニ」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 24時間勤務したら非番日を翌日に付けないから問題化した。完全に労基法違反の勤務体制です。

  • コンビニの契約は契約の形をとった奴隷制度だったのか?

  • 日韓って韓国いらねーし、日本のことだけでいいよ、

  • 本部と店が一心同体ではなく、本部が生き残れば店はどうなってもいい、ということでしょ?それを開店説明時にはうそぶくのだ。それと、本文読んだがなんで韓国は人出不足にならないの?

  • マスコミは、忖度するな。コンビには、便利だが、ゴミの巣窟でもある。迷惑してる人も多い。セブンイレブンは、そういう問題も、オーナー任せのままである。セブンは、会長退任と共にコロッケは、不味くなった。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ