シャープと東芝 運命分けた違い

シャープと東芝、何が運命を分けたのか

6月18日(月)6時12分 JBpress

シャープが東芝のパソコン事業を40億円で買収することになった。シャープも東芝も、会社存亡の危機に瀕していた。しかし、シャープは完全復活し、一方の東芝はまだ危機から立ち直れていない。その立場の違いを象徴する出来事が、今回のシャープによる東芝パソコン事業の買収だ。このような差はなぜ生まれたのか?大きな要…

記事全文を読む

「シャープ」をもっと詳しく

「シャープ」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • シャープは国を売ったような会社だし 東芝はそれを避けようとした その違いだね

  • シャープは完全復活したなんて思ってない。外国企業の新規参入としかみてないよ。

  • 技術立国だった日本は、今は昔。国が干渉する企業は、破綻するのみ。東京五輪後に、蓄積された負の財政が市場に現実となって噴出する、カジノや米からのガラクタ兵器に血税を浪費した末路である。

  • 東芝は原発事業を推進していたからだよ。大損くらってしまった。

  • 日本の国の企業に頑張ってもらいたい。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ