かんぽ 顧客にさらなる不利益も

かんぽ問題で日本郵便の保険販売が混迷、顧客にさらなる不利益の可能性も

7月20日(土)6時0分 ダイヤモンドオンライン

販売継続のカギを握るアフラック販売自粛か継続か——。郵便局における保険販売を巡って、日本郵便の対応が混迷を深めている。保険料の二重払い契約など不適切な保険販売が横行していたことを受けて、日本郵便は14日、かんぽ生命保険の商品を積極的に提案する営業(募集)を、8月末まで自粛することを決定。一方で、提携…

記事全文を読む

「かんぽ生命」をもっと詳しく

「かんぽ生命」のこれまでの出来事

「かんぽ生命」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • かんぽ生命なんか無くても保険会社はいくらでもある

  • すべては郵政を民営化した「つけ」だな。JRやNTTも同じで国営のものを民営化して良くなったものはない。公共サービスが儲け追求になればコスト削減効率化でそのしわ寄せは社員、そして国民に来る。

  • 郵便屋と保険屋を切放せ!むかしは国営故安心感があったが小泉以来無茶口でまたハガキも値上げするとかふんぞり返ってる!

  • 政府の一方的・私的都合で、半導体業界や銀行業界それに携帯業界に甚大な損害を与えて起きながら、米国や政府とつるんだ日本郵政や不祥事続きのかんぽ及びアフラックだけを優遇配慮するのは理不尽過ぎる。

  • you sey (あなたは言う)「掛け替え!」無知で悪徳な商法をとった郵政は不利益を被った契約者に損害補償を!

全件表示する

BIGLOBE
トップへ