「らしさ」前面に マツダ狙いは

マツダから「車種名」消えた 社名アピールで差別化できるか

8月19日(月)11時0分 J-CASTニュース

小林旭さんのヒット曲「自動車ショー歌」(1964年)は、「クラウン」「ブルーバード」といった自動車の車種やメーカーの名称をだじゃれのようにつなげた歌詞が特徴的で、自動車が憧れの存在だった当時の雰囲気をうかがわせる異色の歌謡曲だ。当時は自動車の車種名とは、単なる商品の名称という枠に収まらず、社会に広く…

記事全文を読む

「マツダ」をもっと詳しく

「マツダ」のこれまでの出来事

「マツダ」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 車種のイメージが希薄にならない?

  • デザイン、ブランドを気にするのもいいが故障件数が国産車でトップなのだから、品質こそ上げなきゃいつまでたっても三流品扱いだよ

  • 故障件数ならマツダはアウディーの2/3くらい。アウディーは4流品?5流品?JDパワー社の2018年日本自動車商品魅力度調査では日本車ではレクサスに次ぐ2位。分かっている?

  • マツダの車2台乗ったけど、2台ともはずれだった。それ以降マツダの車には乗らないことにした。

  • まあ 全部同じ面構え あと一部車種 変な電波出しながら走行するのは止めて頂きたい

全件表示する

BIGLOBE
トップへ