ホンダ新型軽バン 14000台受注

ホンダの新型軽バン「N-VAN」、発売1カ月強で1万4千台を受注

8月21日(火)21時15分 財経新聞

■販売計画台数4.6倍強の1万4,000台を受注ホンダは21日、7月13日に発売した新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の累計受注台数が、販売計画3,000台/月のところ、8月20日現在で1万4,000台を超える好調な立ち上がりとなったことを発表した。発売前から注目されていただけに、予想を上回る結果…

記事全文を読む

「ホンダ」をもっと詳しく

「ホンダ」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 最初から助手席なんかつけずに取り外し付きでオプションにすればいいのに、割高で売ることだけを目的で無駄なオプションばかりが最近の車、

  • 外観もN-BOXに近く、商用に見えない所が良いかな、趣味でも面白そうですね

  • ホンダが売れるのは発売から半年って昔は言われてたけど、今は3か月なんだってな。だからたくさん作らずにバックオーダーにして売れてるように見せる。これも販売法

  • 急いでないなら少し待ってから発注した方がいいと思う。

  • バイクを載せて放浪の旅でも行くか。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ