電力先物の取引スタート 東商取

電力先物、取引スタート

9月17日(火)11時7分 時事通信

東京商品取引所は17日、電力先物の取引を開始した。サウジ石油施設への攻撃で電力の燃料となる原油が急騰する中、取引量が少なく静かな滑り出しに。写真は取引開始で鐘を鳴らす東商取の浜田隆道社長(左)=都内 

記事全文を読む

「東京商品取引所」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • そんなことやってる場合か?そもそも電力自由化で誰が儲けた?千葉の復旧に関係はない。ボロボロが露呈したインフラ。値引きや先物より重要な何かが忘れられている。反省しろ。

  • 電気は公共インフラであり、先物取引の対象として相応しくない。

  • インフラ関係を先物取引とかそういう物にしないでほしい。国として自由化より千葉の停電しかりもっとやることあるはず。

  • そんなことより発送電分離が先だろ。こんな狭い国で50kHzと60kHzに分かれていること自体ムダだし、非常時の電力融通にネックとして困っているでしょ。しかも、高い電気代が追い打ちだよ。

  • なんだ、また安倍政権お得意の金融経済か! いつまで実体経済での無策を続けるの?

全件表示する

BIGLOBE
トップへ