スーパーからササニシキ消える?

スーパーから老舗ブランド米「ササニシキ」が消える事情

9月19日(火)16時0分 NEWSポストセブン

スーパーのお米売り場の“景色”は一昔前とは様変わりしている。とにかくバラエティ豊かなのだ。もちろん昔ながらの高級米『コシヒカリ』は依然として一定の存在感を見せるが、その周りには『ゆめぴりか』『ななつぼし』『どまんなか』など、“キラキラネーム”の米袋がズラリと並ぶ。大きなイラストや独特の書体でブランド…

記事全文を読む

スーパーをもっと詳しく

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • ササニシキはコシヒカリに比べて、さっぱりした食味でお腹に軽くおいしいお米だったのに残念です、でも時代はまたササニシキが好まれる時代が来ると思います

  • 残念だな。もちもち感があって美味しいお米なのに...

  • ササニシキ、高級米の代名詞だった、子供の頃は。ありがたく頂いたものだ。茶碗の飯粒、農家の苦労の結晶だ、一粒たりとも残してはならぬと祖母によく言われたものだ。

  • かつての一大ブームがウソのように 売り場では全く見かけないねぇ…

  • 残念だ! この世で一番美味しい米だったのに!

  • ふーんササニシキは寒さに弱いのね。1993年のコメ不足の原因の一つには、それもあったのか。

  • コシヒカリと並称されたのに、どうして落ちぶれたの?

  • あきた小町も最近ぜんぜんみなくなった

  • 生産者は地域に合った栽培しやすいお米を作るのが適作。田んぼを休耕せずどんどん作って、日本の美味しいお米を輸出して行きましょう。日本の里山には綺麗な水と自然が溢れています。これを活用しましょう。

  • コメ不足で無理やり輸入され、さんざん叩かれたタイ米に心から詫びたい

全件表示する

BIGLOBE
トップへ