JAL機体の3割は中国の工場で整備

JAL機体の3割は「中国の工場」で整備されていた

9月20日(水)7時0分 NEWSポストセブン

ひとたび事故を起こせば、多数の乗客の命が危険に晒される。それだけに飛行機には日々、入念な点検・整備が行なわれており、とりわけ日本のエアラインは高い安全性で世界的に評価されてきた。だが、JAL機エンジン火災事故を取材する過程で、重大な懸念が浮上した。〈高い運賃を払って日本の航空会社を利用するのは、“安…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 中国で整備?そんな怖ろしい JALに乗らないようにしよう

  • JALに乗ってたけど、もうやめよう。怖くてだめだ。ANAは大丈夫なのかな?必要な時以外はなるべく新幹線を利用するよ。

  • 中国で整備しているですと、もう怖くて飛行機には乗れませんね・・・

  • 軽微なミス?どんなミスであろうとあってはならない。

  • 俺もう6年は乗ってないし、ますます乗りたくなくなった

  • コスト安いからって多数の客と搭乗員を乗せる旅客機作らせるのか?多数の人命預かる乗り物こそしっかりお金かけて安全性重視するものだろう

  • 昔、飛行機が出来た頃、墜落するかもとびくびくしながら乗った。先人のたゆまない努力のお陰で、安全に乗ることが出来ていたのにまた、創業当時の恐怖を抱きながら乗らなければいけなくなったもか。

  • もう潰れてもよい。残念だ

  • 国交省の圧力があったことを匂わせる。良い記事だ。顧客の信頼を裏切る圧力があるなら追跡してほしい。森かけは飽きた。、

  • しっかり整備を願う。海外も国内も

全件表示する

JALをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ