養老乃瀧 しぶとく生き残れる訳

大衆居酒屋の先駆け 「養老乃瀧」がしぶとく生き残れる理由

10月7日(日)16時0分 NEWSポストセブン

酒のツマミに“和・洋・中”と何でも揃っている「総合居酒屋」の凋落が叫ばれて久しい。リーマン・ショックや東日本大震災を経て、サラリーマンの外飲み機会が極端に減ったことや、食事と一緒に軽く飲む「チョイ飲み」ブームが続いていること、そして若者のアルコール離れなど、さまざまな要因が重なった結果といえる。日本…

記事全文を読む

「養老乃瀧」をもっと詳しく

「養老乃瀧」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 結局、最後まで生き残る鍵は払った金に見合う味と量。とそのバランス。それから特に御三家でもう一つ忘れてならないのは、知らない土地に行ったときにここならぼられないだろうという安心感。後は店員の教育かな。

  • 創価学会が絡んでるんだ〜知らなかった。

  • 創価学会企業の店。飲みながら創価の悪口行ってみればわかるよ。公文式や、赤帽もそうだがね。

  • 「つぼ八」「村さ来」「養老乃瀧」。懐かしい〜、若い頃はいつもお世話になってました。九州の田舎に引っ越したら、ちょっと立ち寄るそんな居酒屋がないんですよね、頑張って欲しい。

  • ジョッキの飲みかけのビールを継ぎ足して他の客に出すとこですか 瓶ビール以外は信用しちゃ駄目だよ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ