丸亀製麺 社長に訊いた戦略術

丸亀製麺、ブランド刷新で重視した「原点回帰」の戦略

10月13日(日)16時0分 NEWSポストセブン

戦国時代にある外食産業の中で、手づくり・できたてのうどんを廉価で提供するコンセプトで存在感を示す「丸亀製麺」。展開するトリドールホールディングスの創業者・粟田貴也社長(57)に、激しい業界のサバイバル術を訊いた。──平成元年(1989年)当時はどんなビジネスをしていたのですか?粟田:1985年、加古…

記事全文を読む

「丸亀製麺」をもっと詳しく

「丸亀製麺」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 丸亀製麺と社名を名乗りながら本社は兵庫じゃねぇか・・打ち立ての讃岐うどんと云いながら、水が足りない固いだけのうどうを本当の讃岐うどんを知らねぇ他県民に騙して売捌く我楽多企業だろ、四国では誰も食わんし

  • そんな事より丸亀製麺は混雑時の客の捌き方を改善せえや!茹で上がったら持ってきますと言いながら絶対に持ってこねえだろ!!!こっちが言うまで。

  • 衛生上の問題出て以来ちょっと

  • カビ事件から一度も食べに行っていない。

  • 末端のアルバイトまで適正以上の報酬が行き届いているなら文句は無いが

全件表示する

BIGLOBE
トップへ