「昇給交渉」を成功させる進め方

「昇給交渉」を成功させる、4段階の進め方

10月19日(土)20時0分 lifehacker

2018年04月02日の記事を再編集のうえ、再掲しています。昇給交渉をするなら、あなたのニーズを話すよりも、あなたが組織にもたらしている価値を提示するほうが成功しやすいようです。くれぐれも、「生活が苦しいのに、3年間も給料を上げてもらってません」なんて言わないでくださいね。たとえそれが真実だとしても…

記事全文を読む

「昇給」をもっと詳しく

「昇給」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 儲かっていても臆病になって溜め込むばかりの会社はともかく、会社も儲からないと、無い袖は振れない。また能力給や歩合制にしたらしたで己を買いかぶって不満を言う人も多い。

  • 所詮は企業の歯車なのさ。自分一人が上がるなんてめったにないよ。上がるんだったら地位を上げることだね。でも地位を上げれば捨てるものも多いよ。悲しいけどそれが日本企業なのよね。

  • 自分自身に売りになるスキルがなく、ただひたすらルーティンワークをしてる底辺職の奴には昇給交渉なんてできるわけないな。

  • 能力主義にしろっていう若者が多いのだから仕方がない。能力を測る物差しもないのに。

  • バブルの時、社畜を造語したあるゴクサ評論家が,みんな派遣になって自分を高く売ろうって騒いでたんだ。 そいつには都合の悪い過去。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ